• ホーム
  • 霊龕堂について
  • 興正寺の歴史・文化
  • 交流会「杜の響」
  • 納骨方法と費用
  • 交通案内

興正寺の歴史・文化

絶えることの無い、祈りの灯。修行と信仰の山として歴史を重ねる。

八事山興正寺 歴史

貞亨三年(1686年)天瑞圓照和尚が熱田の八文字屋八右衛門氏を頼り、当地に来て草庵を結び律寺建立を志しました。 貞亨五年尾張二代目藩主徳川光友公の帰依を受け、八事山遍照院興正律寺の称号を賜り、徳川家祈願所として、また真言密教の教学及び修行道場として二十余宇の諸堂を建立し、弘法大師空海を開基とし、天瑞円照自ら中興と位置づけられました。

自然の樹木に包まれた広大な興正寺の境内は、東山遍照院と西山普門院に分かれ、東山には当寺の総本尊大日如来を祀る大日堂を始め、奥之院、弘法堂、不動堂など、西山には、当寺の象徴ともなる五重塔を始め、本堂、観音堂、能満堂、圓照堂、普照殿など壮麗なる各諸堂が甍を連ね、読教の声が常緑の樹木に和して老若男女を問わず日々参拝の方々で賑わっています。

  • 歴史
  • 文化

お電話での受付

0120-8510-78

時間:午前9時~午後6時まで

土・日・祝日も受付しております

Webサイトからの受付

  • お問い合わせ・資料請求はこちら

↑このページ上部へ