千燈供養会・お稚児さん募集

令和2年10月10日の名古屋の火まつり 千燈供養会に併せ、同日の日中に稚児行列を行ないます。

稚児行列(お稚児さん)の募集について
世相により、本年は募集要項として取り消し事項を設けました。
本年の募集要項は、7月21日発行の「八事山文庫2020年秋号」にてお知らせしております。
八事山文庫2020秋号 を見る

WEB申込みは稚児行列ページより、どうぞ。


千燈供養会│せんとうくようえ
総本尊 大日如来の智慧の火を松明に灯し、護摩壇に灯します。祈願の願文を奉読し、祈祷を勤めます。護摩壇から立ち上がる煙にはご利益があると言われています。護摩壇に火を灯す前には悪いものが入らないよう、結界が張られます。山伏が放った矢を受け取った方は持ち帰り、家の厄除破魔矢として祀ります。(宝弓之儀│ほうきゅうのぎ)

広く一般の方もご参加いただけます。
「名古屋の火まつり」ともいわれる千燈供養会の迫力と、皆さまより奉納された千基もの燈籠の灯りが神秘的で厳かな雰囲気に包みこむ境内を体感ください。

当日の予定は「八事山文庫2020年秋号」をご覧ください。
八事山文庫2020秋号 を見る

柴燈大護摩│さいとうおおごま
当日ご参加で特別護摩木(1本1願 500円)をお納めの方は、ご自身の手で炎へ投じていただきます。
祈願文 奉読│きがんもん
火渡り│ひわたり
当日ご参加で特別護摩木をお納めの方はご自身の手で炎へ投じた後、火渡りにご参加いただきます。


尚、世相により変更などがある場合は、公式サイトにてお知らせ致します。