会館のご案内

季節の木花が色づく緑豊かな広大な「八事の森」のなかに佇む八事山 興正寺には、家族葬から社葬、大型葬、法事法要まで、宗旨宗派を問わず対応できる大小の葬儀会館がございます。
交通利便の良さをはじめ、各会館には充実した設備が兼ね備えられておりますので、大切な方とのお別れにふさわしい時間をお過ごしいただけるはずです。
一般的なセレモニーホールとは異なり、緑豊かで、三百年以上の時を刻む、歴史ある聖地でのお葬儀は、より一層に故人、ご親族をはじめお越しいただいた方の記憶に残ることでしょう・・・。

普照殿

普照殿1F「華宮」は式場左側が全面ガラス張りの設計になっており、興正寺の大庭園である「普門園」が一望できる開放感あふれる、興正寺ならではの、ハイクラスな落着きある葬儀を行う事ができます。
2Fの「暁堂」、ロビーでは、国重要文化財の五重塔が、会食接待室からは普門園を眺めることができます。ご家族、ご親族様の控室には湯沸し設備や宿泊用のバスルームや和室も設備されており、疲れを癒し、落着いてお過ごしいただけるよう充実した施設となっております。

光明殿

会館の目前に国重要文化財の五重塔があり、ガラス張りの開放感あふれる館内からも間近に眺めることができます。
1Fには、会食室、喫茶ルームがあり、法事以外の方でも気軽にお立ち寄りいただけます。
各永代供養の受付もございます。

遍照殿

新たに建立される堂宇は、平成大仏「釈迦牟尼仏」を奉安することから、その名が付けられました。
"国家安穏"を願う祈りの象徴となる大仏のもとに、時を超えて人々が集う場となります。
地下には特別永代供養墓「舎利堂」が設けられ、宗旨・宗派を問わない永遠の安らぎの場所に。
尾張徳川家二代藩主光友公から賜った仏舎利と、それをお守りする形で四体の仏像を安置した荘厳な空間が来訪者を迎えます。
平成28年(2016)完成予定

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

↑ページ上部へ