よくあるご質問

通夜は必ず行わなければなりませんか

日本には亡くなった方は生死の狭間にあるという考え方があり、故人の生き返りを願って夜通し遺体を守るものでした。
また、お釈迦さまが入滅された時、その死を悲しむ弟子たちがお釈迦さまを偲んでその教えを夜通し語り合ったことにも由来しています。まさに夜を通して、ただただ悲しむだけでなく、亡くなった人の思い出やその人に対する思い、その人から教わったこと、影響を受けたことなど、自分の人生の中でのいろいろな関わりを整理し、こころの中にきざむための、大切な時間なのです。

できる限り灯明を絶やす事なく、朝までご家族や親族が亡き方のそばで見守ってあげたいものです。

カテゴリー:

よくあるご質問にないお問い合わせについては、下記お問い合わせフォームよりお願い致します。

お問い合わせフォーム