よくある質問

通夜と葬儀・告別式の違いはなんですか。

「お葬式」というときに、一般的には「通夜」「葬儀・告別式」という流れを思いうかべる方が多いのではないでしょうか。これらはそれぞれに意味があります。

通夜の由来は、お釈迦さまが入滅された際に弟子たちが夜通し寝ずにお守りしたとう説話です。ですから通夜は成仏を祈るだけではなく、故人を偲ぶための時間でもあります。本来はろうそく・線香の火を絶やさぬよう、家族が葬儀前夜に一晩中付き添う儀式でしたが、最近では葬儀や告別式に参列出来ない人がお別れをする機会という意味合いが大きく、一般の弔問客も参列し短時間で済ます半通夜という形が多くなっています。

葬儀は遺族や近親者が故人の冥福と成仏を祈るための儀式、告別式は遺族・近親者も含む友人・知人が故人とお別れをするための式典にあたります。このように葬儀と告別式は異なるものであり本来は別々に行いますが、最近では核家族化や宗派などの問題などにより、同時に行われる事が多くなっています。

カテゴリー: