よくあるご質問

カテゴリ: 供養

  • 出張費用はかかりますか。

    場所によってはかかる場合がありまます。
    ご相談も兼ねてお問い合わせください。

    カテゴリー:
  • 喪中です。寺の参詣は大丈夫ですか。

    大丈夫です。

    神社ですと神さまが祀られており、「神さまは死を嫌う」言われているので控えるのが一般的です。

  • 表書きはどのように書けばいいですか。

    表書きをするタイミングは様々な場面があると思います。
    それらに応じて書き方はありますが、興正寺では「御供」「布施」と書いていただければ問題ありません。

    カテゴリー:
  • 精とは何ですか。精入れの読経をしていなくても行うのですか。

    精(しょう)とは、魂のことを指しています。
    便宜上、「精抜き・精入れ」と呼んでいますが、真言宗では開眼・発遣という作法を行っています。

    精入れを行っていないものに関しては、人の形をしているものや写真などは、魂(想い)が入りやすいですし、それではない物は、魂を抜くわけではなく物にあるご縁と感謝の気持ちをもってご供養をします。

    「しなくてはいけない」のではなく、自らが供養をしたいと思うことが大切です。

    カテゴリー:
  • 遺影の処分をしたいです。

    遺影に限らず、写真や人の形をしているもの、思い入れのある品は「お精抜き」をお勧め致します。役目を終えて手放す際に、その物に対して感謝の気持ちを込めて手放しましょう。その際に、僧侶がご供養を致します。(精抜/しょうぬき)

    興正寺では、個別供養(精抜)の他、春・秋のお彼岸に人形仏具供養会を勤めております。
    日程は、寺報「八事山文庫」にてお知らせ致します。

    精入れ・精抜きのご案内

    ご相談はさまざまです

    • 仏壇の継承が難しくなり、遺影写真も処分したい
    • 遺影写真の整理を依頼された
    • 故人の写真やアルバムをどうしたらいいか悩んでいる
    • 遺品を整理したい

    迷われる場合は、ご遠慮なくご相談ください。

    カテゴリー:
  • 動物病院を開業しています。携わった動物たちの供養をお願いできますか。

    承ります。
    動物病院や研究室、飲食店など供養のご希望がそれぞれ異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

    カテゴリー:
  • 動物供養塔があると聞きました、どこにありますか。

    西山本堂の正面向かって右奥にございます。
    供養塔のロウソク・線香・供花台は自由にご利用いただけます。

    記帳・お参り・お供えについては、西山本堂へお上がりいただき、本尊向かって右奥にて承ります。動物専用の位牌が祀られており、過去帳もございます。ペットフードは、こちらへお供えください。
    但し、法会中や合同供養等で、西山本堂への入堂が不可になる場合がございます。予めご了承ください。

    カテゴリー:
  • ペットの一周忌はできますか。

    個別での供養を承っております。
    電話・来寺で予約をいただけますと、お待たせせずにご供養を勤めさせていただけます。

    カテゴリー:
  • お経とは何ですか。何をとなえているのでしょうか。

    お経はお釈迦さま(=仏)の説かれた教えをまとめたもので八万四千もの数があると言われています。現在日本でお唱えされているお経は大きく3つに分類されます。

    ①古代のインドの言葉「梵字」で書かれた物

    真言や陀羅尼と呼ばれます。梵字の意味を訳するのではなく、そのままの音として表したもの(音写)です。お寺に行くと仏さまの前に呪文のような掲示を見ることがあります。例えば、興正寺西山本堂の阿弥陀如来さまであれば真言は「オン アミリタ テイセイ カラ ウン」です。仏さまによって異なりますので見てみてくださいね。

    ②「梵字」を中国で漢訳したもの

    現在日本で読まれているお経のほとんどが漢訳版です。「般若心経」や、真言宗でよく読まれる「理趣経」や「観音経」などがこれに当たります。

    ③漢訳を日本語に和訳したもの

    たとえば「回向文」。漢文のままですと「願似此功徳 普及於一切 我等与衆生 皆共成仏道」ですが、和訳しますと「願わくは この功徳をもって あまねく一切に及ぼし われらと衆生と 皆ともに 仏道を成ぜん」となります。和訳は檀信徒さんがご自宅などでお唱えする「仏前勤行集」などに載っています。

    お経には人が生きて行く上で守らなければならない事や、考え方、生き方について説かれています。そして、目指すところは悟りの世界です。

    カテゴリー:
  • 墓じまいや改装を考えています。

    改葬(今のお墓から、お骨を別の場所へ移すこと)のご相談もお受けしています。

    改葬には様々な書類の作成が必要ですし、場合によっては現在のお墓の管理者や親族との話し合いが必要となることがあります。

    詳しい内容については、お問い合わせください。

    カテゴリー:
よくあるご質問TOP

よくあるご質問にないお問い合わせについては、下記お問い合わせフォームよりお願い致します。

お問い合わせフォーム