よくあるご質問

戒名とはなんですか。居士、信士などいくつかありますが違いはなんですか。

戒名とは仏の弟子になったことを表す名前です。

本来は生前に出家して仏門に入り、戒律を受けた弟子に与えられる名前ですが、現在では仏弟子として死後に成仏するために、故人に葬儀の際に僧侶から授けられる事が一般的です。

居士、信士の違いは故人が生前に仏教にどれだけ信心していたかによって違いがあります。
院号は寺院や宗派などに多大な貢献をされた方、居士は院号ほどではないが厚く信心されていた方、信士は居士ほどではないが信心されていた方に授けられます。故人の生前の行いやご家族様の希望によって授けられる事が多いようです。

また男女によっても違いがあり、院号は変わりませんが、男性は居士、信士。女性は大姉、信女となります。宗派によっては女性に尼を付けることもあります。

興正寺では生前戒名のお授けも致しております。ご相談ください。

カテゴリー:

よくあるご質問にないお問い合わせについては、下記お問い合わせフォームよりお願い致します。

お問い合わせフォーム